10/31まで早期割引!
昨年度購入の方も割引
料金プランへ

一級建築士の受験勉強なら

速学

過去問12年分(6000問)
いつでもどこでも何度でも。
学習を効率的に。

速学のコンセプト
〜再現性のある合格法〜

ZOOM無料講座
毎週火曜 21:00〜22:30
環境・設備と法規を毎週交互に行っています。

参加方法など、詳細はこちらのブログをご確認ください。

速学のメリット
〜学習効率を徹底追求〜

一問一答でテンポよく

本試験と同様の4選択肢で学習を行う場合、先に正答肢がわかってしまうと、後の問題はなんとなくで解いてしまいがちになってしまいます。

また、問題集では解説ページをいちいち探す手間が思ったより時間のロスになっています。 何千問、何万問と学習を繰り返すことを想定した時、その積み重ねは膨大な時間になります。

解いたらパッと解説を確認、そしてまた次へ。
テンポよく学習しましょう。

スマホでスキマ時間も活用

速学は、パソコンでもスマートフォンでもタブレットでも利用することができます。 まとまった時間が少ししか取れなくても、通勤などのスキマ時間を活用して勉強できます。

また、まとまった時間で一気に勉強するより、細かくいくつか短い時間を設けるほうが記憶力は向上します。

毎日の小さな積み重ねで、合格という大きな成果を達成しましょう。

理解度を毎回確認する癖をつけよう

過去問を使って学習を行う時、正解したかどうかをチェックしていく人がほとんどですが、本当にしなくてはいけない作業は理解できているかを確認することです。

速学では解説を読んだあとに必ず理解度をチェックしていきます。そして理解度の低いものだけを再度繰り返し、効率よく学習を進めることができます。

初めから完璧を目指すのではなく、繰り返し学習を何度も行うことで徐々に理解度を上げていきましょう。

全体スケジュールを
見据えた学習計画

合格するにはどの項目にどのくらいの時間を費やせばいいのか、一通りの出題項目を把握しない限り、その具体的な計画は立てられません。

しかし、一般的な通学では全項目の学習が終了する時期はおよそ5月中旬。無計画で学習を進めていくと、この時期になって試験に間に合わないことがわかります。

速学では、全項目1周をいつまでに行うのかを重視し、全体を把握した上で2周目、3周目を実行に移す計画を立てます。どこまで学習すればゴールなのか、把握しながら進めることが可能になります。

カレンダーで
学習の見える化、習慣化

問題を解いた記録はカレンダーで確認することができます。 長い試験勉強において毎日の積み重ねが可視化され、きちんと数字として成果が表れることはとても自信につながります。

理解度等の詳細な記録が残るので、自分の成長を感じながら継続的に学習を進めていくことができます。

建築作品を
トップページで毎日学習

速学では30年分の建築作品を収録しています。量が膨大なため、学習を後回しにする受験生が多いのが現状です。

そこで速学のトップ画面では、毎回違う建築作品を表示させ、毎日少しずつ触れていくことで自然と学習することができるようにしています。

これからの追加機能

速学は、勉強の効率を追求するために、今後も機能やコンテンツを随時更新していきます。

Webテキスト連携

問題の解説を読んでいて、わからないことが出てきたとき、テキストを調べるのにも時間がかかります。
速学では、このムダを省くため、すぐに関連部分のWebテキストを見られるようにしました。

今年度は環境、法規、構造から先行して取り組みます。
2020年11月頃から公開開始予定(別途有料)。

※ 販売および提供を開始しました。詳細はこちらから。

テキスト連携イメージ
テキスト連携イメージ

質問が簡単に

問題の解説画面から、すぐに質問できる機能を作成予定です。
過去の質問履歴も見ることができるようになります。

こちらも2020年11月頃から公開開始予定。

※ 提供を開始しました。本機能はWebテキスト購入者限定となります。

質問イメージ
質問イメージ

R2年度問題、追加厳選問題

■ 令和2年度(2020年度)の学科試験問題

12月頃から教科ごとに順次追加します。
有料会員となった場合、この追加分のご利用について別途の料金はかかりません。

■ 追加厳選問題

過去30年~13年の本試験問題から、近年は出題されていない問題を厳選してまとめた追加問題集も、2021年5月頃から販売します。
全教科で約800問、価格は7,000円(予定)。

過去12年分をマスターした上で、さらなる積み上げとして取り組んでいただくことをお薦めします。

キーワードが目立つ!
わかりやすい解説

速学では、解説のわかりやすさも追求していきます。

最初の太字は、問題文で問われているポイントになります。
解答を参照したときに、何について問われている問題なのか一目で解るように構成しています。

赤字は、抑えるべき、覚えるべき重要な数値・用語になります。
穴埋め問題では、赤字の部分が空欄で出題され、正確な知識を確認できるようになっています。

また図や表を多く取り入れ、視覚的に解りやすい解説となっています。
テンポよく繰り返し学習を進めていけるような工夫が全ての解説に盛り込まれています。

R3年度合格者の声

※R3年度合格点は87点

I さん (R3年度、独学、R2年9月購入)

13 15 28 23 17
合計 96

解いた総問題数 45666問 
問題を解いた総時間 598時間

今年初受験でした。
去年s校と速学を併用していた知り合いに、速学のみで十分合格できるとアドバイスをもらい独学で受験しました。
無料講義、webテキスト、追加問題も活用させていただきましたが大変満足しています。

要望をあげるとしたら、法規の耐火の単元に避難、設備、内装制限の問題が混ざっているのが一週目の時に気になりました。(*)
他には自分が繰り返し学習したい問題をピックアップできる機能があればいいかな、と思いました。
無事製図に進めそうで速学を選んで良かったと思いました、ありがとうございました。

(*R4年度に向け、問題を整理し単元分けを明確にしました)

M さん (R3年度、独学、R2年11月購入)

11 15 24 23 17
合計 90

解いた総問題数 38500問 
問題を解いた総時間 778時間

格段に勉強の効率が上がりました。
空いてる時間にできるので総勉強時間もかなり確保できました。

H さん (R3年度、独学、R2年10月購入)

10 17 22 21 18
合計 88

解いた総問題数 30729問 
問題を解いた総時間 756時間

法規、環境とも非常にわかりやすい授業で、独学の私にとってはとても助かりました。
ありがとうございました。

T さん (R3年度、独学、R3年5月購入)

16 14 28 18 17
合計 93

解いた総問題数 7705問 
問題を解いた総時間 148時間

速学素晴らしいです。
便利なシステムでバグがないのは感動です。やる気がなくても気軽に携帯で勉強できるのもとても良かったです。 YouTubeもポイントを把握できるので効果的でした。
勉強期間、2ヶ月くらいでしたが、そこそこの水準に効率よく達したとおもいます。

不満ありませんが、個人的には理解度は〇と再の2択にして選択肢を減らしても良いと思いました。
模擬テストとwebテキストも連携してほしいです。
そもそも時間なくてできなかったのですが、一問一答3周するより、一問一答1周+模擬テスト出来る分は良いやり方だと感じました。
一問一答で基礎体力がつけば模擬テストは楽だし区切りがつけ易く、全体的な範囲で少しずつ理解度を上げていけるので、2周めいく余力のない自分には良かったです。

合格しているかわかりませんが、速学はベストでした。(*)
ありがとうございました。
製図用の速学も開発お願いします。

(*コメント時点は合格発表前)

M さん (R3年度、独学、R2年7月購入)

12 17 21 21 19
合計 90

解いた総問題数 31336問 
問題を解いた総時間 410時間

一番便利だったのは、〇△×に各問題を分別できたことです。
この機能で自分の弱点を把握することができ、最後の一か月は△×の問題を延々と繰り返し、最後の2週間は×だけを延々を繰り返しました。
自分の中で〇の問題は十分に理解しているのでもう解かなくていい問題と定義して独学の中から除外することとしました。

このあたりの機能を強化して、例えば問題をレイヤ分けすることができて自分の問題集やテキストを作るとかそんな機能があったら便利だと思います。
印刷機能では似たようなことができるみたいなので、試験前日に知った時は衝撃でした。(知らなかった自分が悪いのですが)

総じてこの価格での提供は非常に満足です。安いくらいだと思います。
お小遣いで貯めたへそくりで支払えるのは大きな付加価値だと思います。

I さん (R3年度、独学、R2年8月購入)

12 19 25 21 18
合計 95

解いた総問題数 34758問 
問題を解いた総時間 255時間

ゼネコン/構造設計/2年目/受験2回目。
去年、一般教材を購入して過去問のみで勉強して、結果は60点程でした。
ですが、資格学校で教わらなくても理解が進められそうだったので、効率良く問題を解ける速学を利用しました。

教わらなくても...と言いましたが、設備・法規のYouTubeの講座は大変分かりやすく、活用してよかったです。
当方、構造設計をしているから構造/施工の理解は他の方よりも進められたとは思いますが、構造/施工はやはり難しいと思います。
とまとねこ様が担当していた科目ではないのは承知ですが、他の科目の資料等のフォローがあってもとは思いました。(*)

総括して、速学を利用して本当によかったです。ありがとうございました。

(*R4年度は、計画、構造、施工もテキストをご用意します)

A さん (R3年度、独学、R2年10月購入)

11 15 25 21 15
合計 87

解いた総問題数 21292問 
問題を解いた総時間 374時間

1問ずつバラバラに問題を解きたいと思っていたのと金額が手頃だったので速学を利用しました。

ミニゲームを攻略するみたいに学習できるのが良いです。
図や解説がもっと欲しい箇所がありましたが、そこは前年使用した資格学校のテキストや市販の一級建築士スピード学習帳と組み合わせました。
穴埋め問題と復習ランダムは良い機能だからもっと活用すべきだったと反省しています。

教科と単元に番号が振ってあると探しやすくて復習もしやすいです。(例、2-3.色彩)

一問一答、理解度別復習、模擬テストを主に利用しました。
5周以上は繰り返したかったのですが結果は3周でした。
3周やった後は理解度別復習で三角の問題を繰り返しました。

結果はまだ喜べないのですが、もし来年再受験となったらまた速学利用すると思います。(*)

(*コメント時点は合格発表前)

K さん (R3年度、独学、R2年11月購入)

10 17 24 26 16
合計 93

解いた総問題数 36924問 
問題を解いた総時間 637時間

とても使いやすかったです。通勤時間も活用できました。
ありがとうございました。

N さん (R3年度、独学、R2年9月購入)

10 16 27 23 20
合計 96

解いた総問題数 44547問 
問題を解いた総時間 1569時間

私は独学2年目で速学を利用させていただきました。
仕事と家庭の都合上、独学を選択し、昨年は他社ソフトを利用しましたが、3月末スタートで1周半しかできず、76点で撃沈しました。
法規は全然時間が足りず、環境は足切りギリギリでした。
正直、他社ソフトは問題が多すぎる上に私には解説が理解しにくく、繰り返し学習できなかった点に少し不安を感じていました。
そんな際に他に自分に合う学習方法がないかと、情報収集している際に速学を知り、無料講座を体験し、即、申し込みしました。

実際に使ってみて、一問一答、穴埋め問題、厳選問題、無料講座と内容は本当に納得いくものでした。
解説もわかりやすいし、重要ワードに色がついており繰り返し学習に最適と感じました。
また建物事例がトップ画面でランダムにでてくる上に、写真と解説がついていることに驚きました。
苦手だった法規、構造、環境設備がいつの間にか点数が安定するようになりました。

Sの模試4回、ウラ模試2回とすべて100点オーバーできるようになり、自信をもって本試験に臨めました。

速学を利用をして、本当に良かったです!!
仕事と家庭の時間の都合上、資格学校の通学を諦め、ダメ元で勉強をスタートしましたが、とまとねこ先生のおかげで、予想以上に自分に合った学習を進めることができました。
本当にありがとうございます(^^♪

あと生意気ですが、自分なりの速学のよかった点と自分に不足と感じた点を感謝を込めて、あげさせて頂きます。

よかった点
①タブレット学習で抵抗なく勉強することができた。
②1日の最低目標、スケジューリングが明確だった。
③解説がわかりやすく、キーワードを把握しやすかった。
④穴埋め問題、厳選問題 利用価値大
⑤仕事中の隙間時を上手に利用できた。
⑥zoomの無料講座、無料講座前後の先生のアドバイス
⑦youtubeで無料講座を復習できた。
⑧△✕問題を抽出して復習できた。
⑨夜中や早朝でも速学を利用できた。

自分に足らずに不足を感じた点
①独学のため、テキストがなかった点(特に構造、施工、計画が、過去問の解説だけで賄えているか常に不安でした)(*)
②構造力学が過去問以外はほぼ対応できなかった。
③直前期まで構造の問題の理解に不安を抱いていた点(少し足りないと思い、ほかの参考書や動画を利用)
④本試験直前期にもっと色々なバリエーションの問題を解きたくなった点

自分に足りなかった点①~④まではあくまでも願望です。
速学の内容と金額には感謝の言葉しかありません!!
独学でここまで勉強できたことに本当に感謝しております。
ありがとうございました。

(*R4年度は、計画、構造、施工もテキストをご用意します)

H さん (R3年度、独学、R3年1月購入)

11 16 23 21 19
合計 90

解いた総問題数 26672問 
問題を解いた総時間 508時間

◯感想
速学に出会っていなければこの点数は取れなかったです。
市販の過去問集を使っていたら一周すらできていなかったと思います。
とことん効率を重視し、本当に受験生のためを思って作られた学習システムだと実感しました。

◯特によかった点
・質問機能
回答が早い!当日か翌日には回答していただけたのは本当にありがたかったです。

・キーワード検索機能
試験前の追い込み期に、自分が理解できていないキーワードで検索して演習することで理解を深められました。

・Twitter機能
先生からの"いいね"を貰えるたびに独学だけど一人じゃないという安心感がありました。
また、”こんな機能があったらいいな〜”というツイートに対応してくださったのには驚きました。本当に感謝しています。

◯改善要望
一問一答で自分が不正解だった問題をピックアップして速学上で演習できる機能がほしかったです。

とまとねこ 先生、本当にありがとうございました。

K さん (R3年度、独学、R2年10月購入)

14 16 20 22 17
合計 89

解いた総問題数 35415問 
問題を解いた総時間 447時間

私は過去に2度の学科受験経験があり、1度目は資格学校に通っていましたが肌に合わずに途中で挫折し、2回目は独学の受験で不合格でした。
どうすれば効率よく学習でき、継続できるかを模索していたところ、速学を知りました。
「とまとねこ」さんの勉強に対する考え方にとても共感を受け、早速お試しで色々な機能を試し、自分に合った勉強法を見出すことが出来ました。
お陰様でR3年の学科は89点で(自己採点)、どうにか合格ラインに達している様なので、これから設計製図に向けて頑張ります。

速学の良かったところや活用できたところを下記に列記します。
①自分のペースで進めることができ、グラフとカレンダーで進捗状況が可視化されていて、勉強をしないと気持ち悪いと思えるくらい、学習の習慣化が図れた。
②具体的な学習計画と目標が設定でき、モチベーションを維持できた。
③苦手な分野を見極め易く、問題をふるいにかけ、苦手問題を集中的に学習できた。
④カレンダーの詳細に「累計数」の計上を希望したところ、対応頂けたのはとても良かった。モチベーションの維持と頑張った分が数字に表れるので自信を高めることができた。
⑤YouTubeでの解説が分り易く、理解できていないところを質問して理解できた。
⑥トップページの建築作品は写真と解説が記憶に定着しやすく、隙間時間でチェックできたところは良かった。
⑦試験直前はYouTubeの講義で再確認できて助かった。
⑧機能面・使い勝手の面に於いて進化している。(回答する時間の前回比較など)

他にも良かったところは多々ありますが、速学に出会えて本当に良かったです。
あと、希望するなら速学の設計製図版の様なものがあると良いと思います。

それと、私の勉強法は各教科の過去問を3周解きながら回答説明とWEBテキストを通し、理解を深め、4周目で苦手問題をふるいにかけ、苦手問題を集中的に勉強したスタイルでした。また、法規・構造の計算問題(理解できた問題は除く)は初めから捨てて、その分を他の問題の理解に時間を費やしました。
構造の計算問題(約5〜6問)については過去の正答率を調べ、確率の高い「3」を全て並べ、計算せずに1点を獲得しました。(今年は2と4でした。)
今回、試験を受けて感じたのが、過去問をしっかり勉強していれば今年の様な新規問題が出題されても、他の問題(過去問)をできる限り取りこぼさなければ合格ラインに達するんだなって感じました。やはり過去問の勉強は大事だと痛感しました。

速学は個々の勉強スタイルに合わせて活用できるので、会社の後輩にも勧めています。
これからの速学の進化と発展を願ってます。
今年の試験結果並びに製図試験がダメだったら再度活用させてください。
ありがとうございました。


※R2年度合格点は88点

I さん (R2年度、通学)

15 12 26 23 20
合計 96

解いた総問題数 22804問 
問題を解いた総時間 402時間

問題集を開く手間をかけず、思った時に空き時間にスマホにて即学べるので重宝致しました。
仕事がら車で移動が多いので音声機能等があれば尚、良かったかなと思います。
スマホ・PC共に画面のクオリティーは最高に良かったです。

資格学校に通わなくても、市販の参考書と速学+合格者の平均勉強時間をあわせれば、合格できるのではないでしょうか。
実際、私は今回、学校教材ではなく、ほぼ速学にての勉強でしたので、実証できたかなと思います。

速学はどこにでも持ち運べる、身近なツールとして受験生の皆さんに使っていただきたいです。

Y さん (R2年度、通学)

12 14 23 23 20
合計 92

解いた総問題数 13300問 
問題を解いた総時間 93時間

検索機能と△の洗い出しが非常に良い。その後まとめて印刷、解き直しができる。
ノートにまとめたり、調べたりする時間も勉強に当てられるのは非常に効率的で時代にも合っていると思います。
ネット環境次第で次のページを開くタイムラグが長くなるので、そこは少しストレスを感じる部分ですが仕方ないと思ってます。

ブログとYouTubeの講義は非常に分かり易かったです、かなり助けられました。

学校だけではここまでたどり着けなかったと思います。ありがとうございました、知り合いにもオススメしてます。

Y さん (R2年度、独学)

15 14 24 19 16
合計 88

解いた総問題数 37423問 
問題を解いた総時間 366時間

システムとしては良かったと思ってます。
市販の過去問題集では、4枝選択で間違いの枝のみ覚えてしまうパターンになると思うので、一問一答形式は勉強になりました

ただ、一問一答も問題を覚えてしまい繰り返し作業になってしまっていた部分もありました。
過去問のみを解く繰り返しだけでなく、オリジナルの問題などで、別の刺激が欲しかったのは確かです。少し過去問を深堀したような問題など…
資格学校の模試を受けろ、という話かもしれないですし、過去問が何よりも大事なのは理解していますが、そういった別の刺激となる問題と理解度状況の確認のテスト的なものは欲しかったです。

好き放題言ってますが、ものすごい勉強になったのは確かで、システム的にはいいものだと思っています。

U さん (R2年度、独学)

18 15 24 23 17
合計 97

解いた総問題数 24789問 
問題を解いた総時間 426時間

速学がなかったらこの点数は取れなかったと思います。
早い段階で過去問を1周できたのはかなりよかったです。 結果的に3周して試験に挑みました。
ありがとうございました。

K さん (R2年度、独学)

12 12 24 24 17
合計 89

解いた総問題数 14406問 
問題を解いた総時間 296時間

基本的には良いソフトだと思います。赤字で重要な所が書いてある点がお気に入りでした。また、建設実例がトップに必ず出る点もです

難点は、単元によっては200問近くあり、1日では復習サイクルをこなせない日が多く、また次の日途中からと言う事も出来ないので面倒だなぁって思っていました。
学習サイクルをこなせない日があると気分が乗り切れない事も多かったです。
また、法規のその他の分野等、分類の仕方が雑だなぁっと感じてました。

もう少し単元を細かくして頂くか、基本問題編を完璧にこなせたら、過去12年分の学習サイクルで問題を解いて行く等の機能があると便利かなっと思いました。
解ける問題を増やして行き、解く問題を減らして全体教科の回す回数を増やすって事が難しかったです。
解ける問題でもたまに解く為のランダム機能だと思うのですが、中々ランダムになってくれず同じ問題が出る事が多かったと言う印象でした。
あとは知識を網羅(採光なら採光近辺)して復習したい時もあったので、教科書機能も欲しかったです。

あくまで欲を言えばですが。
最後まで使いこなせば必ず合格出来るソフトだと思いました。

M さん (R2年度、独学)

11 11 26 26 18
合計 92

解いた総問題数 34992問 
問題を解いた総時間 512時間

とても使いやすく、計画の実例の勉強に欲しいと思ってた機能だったので助かりました
計画環境が伸びなかったのが悔やまれますが、法規構造が思ってた以上の伸びで結果が良くて嬉しかったです。
来年も受験することになってもまた利用したいと思います。(*)

(*コメント時点は合格発表前)

H さん (R2年度、独学)

13 12 26 21 17
合計 89

解いた総問題数 49246問 
問題を解いた総時間 470時間

ペンを持たずにスマホだけで十分な学習が出来る。(計算問題等を除く)
勉強量が把握でき、スケジュールが立てやすい

M さん (R2年度、独学)

14 12 27 23 19
合計 95

解いた総問題数 67200問 
問題を解いた総時間 782時間

速学中心の勉強をしました。通勤時間にサクサク出来るのが凄くいいです。
会議室での授業や、ズームの授業もかなりわかりやすく効果的でした。

他は、総合資格のオンライン無料模試3回、ウラ指導模試2回と日建の公開模試を1回受けました。

速学はライフスタイルに合った凄く効率的な学習システムです。

S さん (R2年度、通学)

12 15 23 21 19
合計 90

解いた総問題数 21385問 
問題を解いた総時間 221時間

一問一答で解答後すぐに答えを確認できるので間違えたポイントが把握しやすかったです。
復習機能の穴埋めも重要な用語数値が頭に入りやすく、何度か解いてる間に記憶に定着していました。
問題数のノルマに対して自分がどのくらい解いたかわかるようになっているので中長期的な計画が立てやすかったです。
スマホで学習できるのでゲーム感覚で楽しめました。

O さん (R2年度、独学)

14 14 23 19 23
合計 93

解いた総問題数 10278問 
問題を解いた総時間 150時間

建造物の写真や解説をもう少し増やしてくださると良かったかなと思いました。

最初五万円はちょっと高いかなと思いましたが、独学だし古い過去問は容易に手に入らないので利用させていただきました。
お陰様で学科は一発でクリアできました。
製図試験までは、法規の部分は引き続き使用していく考えでおります。有り難うございました。

K さん (R2年度、独学)

12 14 26 21 19
合計 92

解いた総問題数 46503問 
問題を解いた総時間 492時間

独学でここまでやってこれたのは速学のおかげだと思っています。
本当に感謝しています。

  • 合格するための勉強の仕方
  • 試験内容の解説
  • アウトプット型講座のご案内
  • 速学のメリットや使い方について

など随時更新中です。