一級建築士の受験勉強なら

速学

過去問12年分(+αで厳選30年分)
いつでもどこでも何度でも。
学習を効率的に。

速学のコンセプト
〜再現性のある合格法〜

ZOOM無料講座は9月から開催

最新情報はLINEオープンチャットや、速学内のお知らせでお伝えします。

R4年度合格者の声

K さん (R4年度、独学、R3年7月購入、無料マネあり)

12 17 27 25 16
合計 97

解いた総問題数 35877問 
問題を解いた総時間 323時間

スマホひとつで隙間に勉強できるのは寝かしつけの合間などにも勉強に取り組めたので本当によかったです。
マネジメントも独学だとモチベーションが下がりがちですが、常に叱咤激励頂いたので頑張れました。

学科はギリギリ大丈夫そうです。
これも全て速学のおかげと言っても過言ではありません。ありがとうございました。

O さん (R4年度、独学、R3年7月購入、無料マネあり)

13 17 27 25 21
合計 103

解いた総問題数 107741問 
問題を解いた総時間 834時間

完成度高いシステムでした。
7月中旬より追い込み時にテキストを読み込みましたが、凄く良くまとまっており、テキストと並行して1問1答を実施すれば良かった。
火曜の無料Zoomは学習スケジュールのペースメーカーとして非常に役に立ちました。
早く初めて年内で3周させたのがよかったと思います。1年間ありがとうございました。

T さん (R4年度、独学、R3年10月購入、無料マネなし)

14 19 30 19 18
合計 100

解いた総問題数 22423問 
問題を解いた総時間 274時間

時間があまり取れない中での勉強でしたので、スマホでどこでもすぐ見れるのが良かったです。
あと、テキストもわかりやすくて、問題からすぐ飛べるし、いいと思います。

M さん (R4年度、独学、R3年10月購入、無料マネあり)

16 16 25 20 16
合計 93

解いた総問題数 29071問 
問題を解いた総時間 361時間

私にとって使いやすくて、隙間時間を見つけては沢山勉強しました。
自分の苦手なところもすぐに分かるので、勉強を進めるにあたって何を重点にして勉強すれば良いかすぐに判断出来たことが学科合格に繋がったと思います。

※R4年度合格点は91点と仮定しています。

※「無料マネ」とは速学で提供する無料の進捗マネジメントの利用有無を表しています。

※あくまで個人のご感想であり、すべての人に効果を保証するものではありません。

効率の良い学習法とは

一問一答でテンポ良く解きましょう。
スキマ時間も有効活用。
外出中はスマホで、家ではパソコンで。

詳細を見る →

過去問は何年分やればいい?

まずは12年分6000問をやりましょう。
何周もできて理解度が上がったら、+αの過去30年分厳選問題も。

詳細を見る →
理解度入力

自分の理解度を把握する

問題に正解できたかどうかばかり、気にしていませんか?
重要なのは正解/不正解ではなく、
きちんと理解できているのか確かめることです。

詳細を見る →

教科書も講座もご用意

教科書は紙のテキストだけでなく、Webで見られるWebテキストもあります。
オンライン講座は9月から。後日視聴も可能です。

詳細を見る →

勉強に不安があるなら

速学では、講師が希望者に対し、進捗についてのマネジメントを行います。
自分のやり方で合っているか不安になったときや、勉強に行き詰まったときは、講師のアドバイスを参考にしましょう。

詳細を見る →

速学の機能をもっと知りたい

学習計画

カレンダー

テキスト連携

テキスト

質問

QA

穴埋め問題

穴埋め問題

建築作品

建築作品

付箋メモ

メモ

キーワード検索

虫眼鏡

学力テスト

テスト

詳細を見る →

R4年度問題と追加厳選問題

■ 令和4年度(2022年度)の学科試験問題

2023年2月に追加し、効果測定試験として解いていただく予定です。
有料会員となった場合、この追加分のご利用について別途の料金はかかりません。

■ 追加厳選問題

過去30年~13年の本試験問題から、近年は出題されていない問題を厳選してまとめた追加問題集を、2023年2月頃から販売します。
全教科で約1000問、価格は8,800円(予定)。

過去12年分をマスターした上で、さらなる積み上げとして取り組んでいただくことをお薦めします。

速学の年間スケジュールを確認する →
  • 合格するための勉強の仕方
  • 試験内容の解説
  • アウトプット型講座のご案内
  • 速学のメリットや使い方について

など随時更新中です。