早期割引は、7/24〜10/31!
昨年度購入の方も割引あり
料金プランへ

一級建築士の受験勉強なら

速学

過去問12年分(6000問)
いつでもどこでも何度でも。
学習を効率的に。

速学のメリット
〜学習効率を徹底追求〜

一問一答でテンポよく

本試験と同様の4選択肢で学習を行う場合、先に正答肢がわかってしまうと、後の問題はなんとなくで解いてしまいがちになってしまいます。

また、問題集では解説ページをいちいち探す手間が思ったより時間のロスになっています。 何千問、何万問と学習を繰り返すことを想定した時、その積み重ねは膨大な時間になります。

解いたらパッと解説を確認、そしてまた次へ。
テンポよく学習しましょう。

スマホでスキマ時間も活用

速学は、パソコンでもスマートフォンでもタブレットでも利用することができます。 まとまった時間が少ししか取れなくても、通勤などのスキマ時間を活用して勉強できます。

また、まとまった時間で一気に勉強するより、細かくいくつか短い時間を設けるほうが記憶力は向上します。

毎日の小さな積み重ねで、合格という大きな成果を達成しましょう。

理解度を毎回確認する癖をつけよう

過去問を使って学習を行う時、正解したかどうかをチェックしていく人がほとんどですが、本当にしなくてはいけない作業は理解できているかを確認することです。

速学では解説を読んだあとに必ず理解度をチェックしていきます。そして理解度の低いものだけを再度繰り返し、効率よく学習を進めることができます。

初めから完璧を目指すのではなく、繰り返し学習を何度も行うことで徐々に理解度を上げていきましょう。

全体スケジュールを
見据えた学習計画

合格するにはどの項目にどのくらいの時間を費やせばいいのか、一通りの出題項目を把握しない限り、その具体的な計画は立てられません。

しかし、一般的な通学では全項目の学習が終了する時期はおよそ5月中旬。無計画で学習を進めていくと、この時期になって試験に間に合わないことがわかります。

速学では、全項目1周をいつまでに行うのかを重視し、全体を把握した上で2周目、3周目を実行に移す計画を立てます。どこまで学習すればゴールなのか、把握しながら進めることが可能になります。

カレンダーで
学習の見える化、習慣化

問題を解いた記録はカレンダーで確認することができます。 長い試験勉強において毎日の積み重ねが可視化され、きちんと数字として成果が表れることはとても自信につながります。

理解度等の詳細な記録が残るので、自分の成長を感じながら継続的に学習を進めていくことができます。

建築作品を
トップページで毎日学習

速学では30年分の建築作品を収録しています。量が膨大なため、学習を後回しにする受験生が多いのが現状です。

そこで速学のトップ画面では、毎回違う建築作品を表示させ、毎日少しずつ触れていくことで自然と学習することができるようにしています。

これからの追加機能

速学は、今後も機能やコンテンツを随時更新していきます。

Webテキスト連携

問題の解説を読んでいて、わからない用語などをすぐにWebテキストで調べられます。
環境、法規、構造から先行して取り組みます。
2020年11月頃から公開開始予定。

質問ができ、過去の履歴も閲覧できる

速学の問題画面からすぐに質問ができます。
また、過去に他のユーザがした質問の履歴も閲覧できるようになります。
2020年秋頃リリース予定。

記憶の定着率がアップする勉強法を追求

長い試験勉強において最も重要なのは、勉強の方法です。知っているか知らないかで大きく効率が変わってきます。
その中でも効果が高いとされている勉強法と、それらを活用した速学の学習サイクルをご紹介します。

1. アウトプット重視

インプットとアウトプットの黄金比率は1:2。
インプットしたものをすぐにアウトプットすると記憶力が向上する。
インプットよりアウトプットを2倍行うことが一番効率が良い。

2. スペースド・リハーサル法

復習までの間隔を次第に広げて繰り返すことで定着率を高める。
1日前、1~2週間前、1か月前に覚えたものを復習する。

3. ロー・ファースト法

誤答率の高いものから順に復習する。
記憶のしにくさを加味したスペースド・リハーサルになるので復習効率が高い。

4. リコール・プロセス

正解を隠して思い出し、すぐに確認することを繰り返す。
アウトプット重視で、覚えたつもりで出てこない用語・数値を確認できる。

5. サフメッズ法

カードの表に問題、裏に正解を書いて、シャッフルして1分間できるだけ速く答える。何枚のカードを言えたか記録してグラフにする。1日何回行っても良い。
1週間で2~3倍の速度になる。忘れにくく、応用されやすい。

6. ミニッツモジュール

新規事項を覚える(20分間)→4分休憩→1日前、1週間前、1ヶ月前の復習(各2分)→今日の復習(5分)

短いセットを組んで繰り返すことで、集中力を長く維持することができる。

速学の学習サイクル

一問一答でまずどのような問題が出題されているのかインプット学習を行います。

総合復習で1日前、1週間前、1ヶ月前の問題を理解度の低い問題から順番に効率よく復習していきます。

穴埋め問題で用語・数値が正確にアウトプットできるか理解度を確認していきます。

キーワードが目立つ!
わかりやすい解説

速学では、解説のわかりやすさも追求していきます。

最初の太字は、問題文で問われているポイントになります。
解答を参照したときに、何について問われている問題なのか一目で解るように構成しています。

赤字は、抑えるべき、覚えるべき重要な数値・用語になります。
穴埋め問題では、赤字の部分が空欄で出題され、正確な知識を確認できるようになっています。

また図や表を多く取り入れ、視覚的に解りやすい解説となっています。
テンポよく繰り返し学習を進めていけるような工夫が全ての解説に盛り込まれています。

  • 合格するための勉強の仕方
  • 試験内容の解説
  • アウトプット型講座のご案内
  • 速学のメリットや使い方について

など随時更新中です。